ひっと

ActionScript 画像の拡大と回転の方法

~ Flashアプリ、ゲームのためのAS3サンプルプログラム集 ~

画像の回転と拡大



SpriteまたはBitmapクラスのプロパティから
「rotation」「scaleX」「scaleY」を操作するだけでした。
簡単すぎる。

ActionScript サンプル ソースコード


package 
{
    import flash.display.*;
    import flash.events.*;

    public class Main extends Sprite 
    {
        [Embed(source = './sample.PNG')] private static var myImage:Class;

        private var sprite:Sprite;

        public function Main():void 
        {
            //フレーム更新時に呼ばれるイベントを登録
            this.stage.addEventListener(Event.ENTER_FRAME, OnEnterFrame);

            //スプライト作成
            sprite = new Sprite();

            //スプライト原点の指定
            sprite.x = 200;
            sprite.y = 150;

            //スプライトをメインフレームの子に
            addChild(sprite);

            //ビットマップ作成
            var b:Bitmap = new myImage();        
            //画像サイズ3倍
            b.scaleX = 3.0;
            b.scaleY = 3.0;

            //ビットマップの中心がスプライト原点にくるように移動しておくと、
            //画像の中心で回転するように見せられる
            b.x -= ( 32*3 ) / 2;
            b.y -= ( 32*3 ) / 2;

            //ビットマップをスプライトの子に
            sprite.addChild(b);
        }

        private function OnEnterFrame(e:Event):void
        {
            //スプライトを回転
            sprite.rotation += 2.0;
        }

    }

}

目次へ
57801